先輩社員の声Interview Voice

技術系|開発技術

おすすめスポット公開中!

女性もグローバルに活躍できる職場で、
人の役に立つエンジニアを目指す。

グローバルに活躍できる環境を求めて

大学では有機化学を学びました。金属のナノ粒子(*1)に有機化学方面からアプローチを試みることが研究テーマです。学生時代から、何事にも挑戦するのが自分の強みなので、企業研究時は、専攻分野だけに絞り込まず、強みを活かせる企業を探していました。当社は、社名に「グローバル」と入っていたことから興味を持ちました。大学時代の専攻とは異なる分野で不安もありましたが、未知の分野に挑戦でき、楽しそうな会社だったので入社を決めました。

(*1)ナノ粒子
物質をナノメートルオーダーの粒子にしたもの。
技術系|開発技術 R.Yさん

やりがいは、「役に立てた」と実感できること

シリコンウェーハの「評価」を担当しています。少し専門的になりますが、シリコンウェーハ製造においては不純物、結晶欠陥をコントロールすることが重要となります。これら特性を評価装置を用いて評価し、当社固有技術である、結晶育成技術、熱処理技術の成熟に貢献します。同じようなサンプルでも異なる測定結果が出ることがあるため、測定結果が楽しみです。自分が評価した結果を上司などへ報告する際、「会社や社会に貢献できた」と感じることができます。これが、自分にとってのやりがいとなっています。

自分の意見を持ち、主張することが重要

入社後、仕事に取り組みながら「自分一人では、これらの仕事は成り立たない」ことを学ぶことができました。現在は、他の社員との人間関係を意識し、コミュニケーションを深めながらお互いに成長できたらいいな、と考えています。何事においても、自分自身の意見を持ち、根拠に基づき、主張していくことが大事だと感じています。自分の意見に自信を持つことができるよう、仕事への理解を深める努力を続け、長く働きたいと思っています。

技術系|開発技術 R.Yさん

グローバルでダイナミックな仕事への誇り

シリコンウェーハは、あらゆる電子機器に欠くことのできない製品です。当社には、技術、製造、設備、品質管理、人事、経理など様々な職種があります。誰もがグローバルでダイナミックな世界とつながっているので、毎日がわくわくします。そして、福利厚生もしっかりしているので、女性も働きやすい環境だと思います。就職活動は大変かもしれませんが、企業研究や業界研究をしっかりすると良いと思います。「専攻ではない」とか「自分とは関係なさそう」と思う企業でも「自分がしてみたいことは何か?」と考えることで興味が湧くと思います。自分の長所を見つけ、グローバルウェーハズ・ジャパンの企業説明会や面接時では、たくさんしゃべってくださいね。新潟は食べ物も美味しく、住みやすいところですよ。

おすすめスポット①

新潟市のやすらぎ堤新潟駅周辺がおすすめです。本の種類が豊富な本屋さんもありますし、信濃川で季節の景色を楽しむのも好きです。

おすすめスポット②

瓢湖私は鹿児島出身なので、通勤途中、田んぼに白鳥がいるのは衝撃でした。ここに行くと白鳥にエサをあげることができるのですが、近くで見るととてもかわいいです。

※所属部署・役職は取材当時のものです。

R.Y

R.Y

2017年入社
理工学研究科 生命化学専攻
技術部 基盤技術グループ
シリコンウェーハの特性を評価し、研究・開発などにフィードバックする。

大学時代の研究テーマ
有機化合物を用いて金属ナノ粒子を生成する研究

推しメンバッジでわかる「R.Y」の個性

投票数が増えると、「スペシャルコンテンツ」がみれるようになります。
ひとつのバッジにつき、1度だけ投票できます。

  • コメントがまだありません。

  • コメントがまだありません。

  • コメントがまだありません。

ある日のスケジュール

  • 7:30

    出社・メールチェック

  • 8:00

    資料作成

  • 9:00

    測定準備

  • 09:30

    資料作成

  • 10:30

    測定試料準備

  • 11:00

    測定準備

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    測定作業

  • 17:00

    退社

ワークアズライフについて

自分の意見を、自信を持って説明できるようになることが、今の目標です。そのために、まずは色々な考えを知ることが大切だと思っています。趣味の読書から、たくさんの本と出会い、考えの幅を広げていきたいです。

プライベートについて

プライベート

メイクやファッションも好きですが、読書も好きで、本屋に立ち寄って面白そうな本を見つけることが楽しみです。最近は料理本を見て、作れそうな料理にチャレンジしています。失敗してももう一回チャレンジして、おいしくなっていると嬉しくなります。